特集☆小さい財布おすすめ6サイト

TOP > 小さいお財布の豆知識 > カバンの中にしっかりとしまえる小さい財布

カバンの中にしっかりとしまえる小さい財布

普段、どのような財布を使っていますか。
大きさを重視して選んでいる人はきっと多いはずです。
あまりにも大きすぎてしまうとカバンの中に入れた時にすぐに見つかるメリットはあるものの、他のものが入らなくなることがあるかもしれません。
特に、カバンが小さかった場合は財布が入らなくなる恐れもあります。
だから、あまりにも大きいと困ります。
その反面、小さい財布の場合はカバンの中に入れても場所を取らないので、スマートフォンやハンカチ・チリ紙など他のものもたっぷり入れることができます。
存在感がある大きな財布も悪いわけではありませんが、カバンの大きさと比べる必要があります。
小さい財布ならば男性の場合はポケットにも収納しやすいので手放せない人もいるかもしれません。
大きい財布を使っている人は小さい財布に変えてみることも考えてみませんか。


小さい財布と言っても、形は様々です。
カードが意外とたっぷり入ることも珍しくはありません。
最近ではアプリがポイントカード代わりになることも多くなりましたが、ポイントカードを発行しているお店も少なくありません。
他にもクレジットカードやキャッシュカードなどたくさんのカードを財布に収納したいとは思いませんか。
小さい財布であったとしても、たっぷりカードが収納できることもあります。
もちろん、カード入れを別に持ち歩いても構いません。
小さい財布の場合、形が様々ですがお札と小銭の両方が入るのでこれだけで十分買い物出かけられます。
お札は想像しやすいですが、小銭入れはいろいろなパターンがあります。
ボタンやファスナーが付いていることはもちろんですが、大きく小銭入れが開くなど個性が出る場所です。


大きい財布は長財布が多いですが、小さい財布は二つ折りのことが多いです。
長財布だけど薄くなっているために、小さい財布と呼んでも良いこともあります。
二つ折りですから、長財布よりも厚みがあることは多いですが、二つ折りでもあまり厚くならないこともあります。
厚みがあるとカバンやポケットにしまう時にかさばるのではと不安になるでしょう。
小さい財布も良く選んで購入することで、長い付き合いがしたくなります。
デザイン性に優れていることもありますし、お札とレシートを分けて入れられたり、小銭を分けて入れるなど十分便利に使えます。
これから新しい財布を買おうと思っている人は、小さい財布にしてみませんか。
大きい財布で困っていた人ならばなおさらです。
財布は小さくても十分機能性があるので小さい財布にしてみませんか。

次の記事へ

カテゴリー