特集☆小さい財布おすすめ6サイト

TOP > 小さいお財布の豆知識 > おすすめの小さい財布とはどんなもの

おすすめの小さい財布とはどんなもの

小さい財布を持つメリットは、どこにあるのでしょうか。
最近では、現金で支払いをする光景も少なくなり、スマートフォンの普及により、かざすだけの電子マネーでの支払い光景が目につきます。
自動販売機でもかざすだけ、交通機関を利用するにも現金は必要ありません。
しかし、電子マネーが利用できない場面もあるでしょうから、小さい財布は重宝するはずです。
ポイントは、コンパクトなサイズ、いわゆる手のひらサイズです。
バッグインするより、洋服のポケットにインできるサイズなら、常に所持しておけます。
スマートフォンを忘れた時に、胸ポケットから小さい財布を出して支払いができます。
小銭入れ程度のサイズ、スリムながらも収納力があるのが理想的です。
小銭で財布の幅が膨らむより、クレジットカードやチャージ式電子カードなど、支払いに困らないカードが一枚入るポケットがあるタイプが何かと便利です。


小さい財布を持つなら、素材選びにこだわるのもポイントで、小さいからこそ人の目につきやすいのが理由の1つです。
丈夫で柔らかい、こうしたイメージのあるオーストリッチは、ミセス世代から人気を集める素材です。
革表面のデコボコとした突起は、使い込むほどに艶となり、他の革とは異なる味わいを醸し出します。
上流階級の男性が持つ素材として選ばれているのは、ワニ革です。
丈夫で、次世代まで使えるほどの上質な皮革で、永く使いたい、こうした愛着のわく素材でもあります。
また素材同様に、色もポイントになるようです。
小さい財布は、紛失してしまいやすいデメリットもありますから、目立つ色を選ぶことがおすすめです。
金運にはゴールドや黄色がおすすめされていますが、オレンジやワインレッドなどもミセス世代から人気の色味になっています。
男性ならば、ビジネスシーンにも違和感のない色味で、しかも目立つには、腕時計との相性もいいシルバーがおすすめです。


使い勝手の良さ、小さい財布だからといっても、使いづらいなら持ち歩きたくないはずです。
こだわりたいなら、ハンドメイドがおすすめで、レザークラフトに強みを持つ工房では、オーダーメイドで作ってくれます。
自分の手にしっくり馴染む手触りを重視することもできますし、収納力抜群、開きやすいなど、レジでの支払いにもたついたり、慌てることのない機能性を重視することもできます。
ファスナー式なのかボタン式なのか、持ち手によって開閉部分の好みも分かれます。
長財布や二つ折りなどは、探せばいくらでも見つかりますが、小さい財布の使用用途は限られるため、欲しい財布が見つからないこともあるはずですから、そうした場合にオーダーメイドがおすすめです。
ブランド財布にこだわるにしても、長財布からひと回り小さくさせるなど、リメイクを行ってくれる工房もあります。

次の記事へ

カテゴリー